ローヤルゼリーの種類いろいろ

ローヤルゼリーはハチミツやプロポリスとは別物

ローヤルゼリーと、ハチミツやプロポリスは混同されることが多いですが、それぞれ役割の違う全く別の物質です。
どれも蜂が作り出すものではありますが、一体どのような違いがあるのでしょうか。

〇ローヤールゼリー
ローヤルゼリーは、花粉や花の蜜を材料にした、乳白色のクリーム状の物質です。
若年の働き蜂が材料を摂取し、自らの分泌物である酵素などを利用して体内で生成した後、唾液腺から体外へと送出されます。
用途としては「女王蜂の食用」といった点が挙げられます。
女王蜂は栄養が非常に豊富なローヤルゼリーだけを摂取し続け、女王蜂として成長していきます。
働き蜂たちは花粉や蜜をそのまま食料として摂取するので、ローヤルゼリーを食べることはありません。

〇ハチミツ
ハチミツは花の蜜を集めて作られます。
働き蜂は巣の外で飛び回って、蜜胃という部分に花の蜜を集めると、それを巣へと運び込みます。
巣へと運搬された蜜は担当の蜂へと引き継がれます。
引き継ぎを行った蜂は、体内で花の蜜の主な成分であるショ糖をブドウ糖と果糖へと分解していきます。
分解された花の蜜は貯蔵用の部屋へと運ばれます。
蜂の巣の内部は温度が高いため蜜は徐々に熟成されると同時に、風を当てられて水気が飛ばされていきます。
こうして濃縮された花の蜜がハチミツであり、ハチミツは働き蜂たちの食料として活用されます。

〇プロポリス
プロポリスは、樹脂を主な材料として生成されます。
働き蜂が樹脂を咀嚼し、粘性のあるプロポリスへと変化させていくのです。
主な用途としては「巣内の清潔さを保つ」というものがあげられます。
プロポリスには優れた抗菌作用があり、雑菌などの繁殖を防ぐことができるのです。
巣の弱い部分の補強や、欠けた部分を埋める材料として至る所にプロポリスを利用することで、抗菌効果を高めます。
また巣穴の入り口を、プロポリスを使って小さく窄めていく行動も見られます。
これは入口を狭くすることで、必ずプロポリスに体を擦り付けながら巣の中に入るようにし、外で付着した菌を消毒するためなのです。

ローヤルゼリー、ハチミツ、プロポリスは材料が異なり、それぞれ女王蜂の食料、働き蜂の食料、抗菌材という別々の役割をもっているのです。