ローヤルゼリーの種類いろいろ

ローヤルゼリーはハチミツの一種?

ローヤルゼリーは高級なハチミツの一種だと思われていることが多々ありますが、それは間違いです。
ローヤルゼリーとハチミツは完全に異なるものであり、用途や作られ方に大きな違いがあるのです。

〇ローヤルゼリー
ローヤルゼリーはいわば、蜂にとっての「超高級食品」。
ローヤルゼリーを食べることが許されるのは女王蜂、もしくは後の女王蜂となる幼虫だけなのです。
原料となっているのは花粉や花の蜜。
外で仕事をする働き蜂が材料を採集して巣に持ち帰り、巣の中で仕事をしている働き蜂へと引き継がれます。
花粉や蜜を受け取った働き蜂はこれらを食べて体内へ入れると、分解や合成を行います。
合成された物質は唾液腺を通り、クリーム状になって再び体外へと出されます。
この蜂の体内で合成された物質こそがローヤルゼリーなのです。
ローヤルゼリーは女王蜂のみが食べる食料なので、量が少なく希少です。
これに蜂が作るという情報が合わさって「高級なハチミツ」と勘違いされるのです。
ローヤルゼリーは超高栄養価であり、ごく普通の幼虫が、生後ローヤルゼリーを食べ続けることで女王蜂へと変貌を遂げていきます。
他の蜂と比べて数倍の体躯や寿命をもった女王蜂を後天的に作り上げるほど、ローヤルゼリーにはエネルギーが詰まっているのです。
そしてそれは人間にも有効な成分であり、健康や美容のため、サプリメントなどの形で利用されています。
このページで紹介されている美容クリームも多くの女性から支持されています。

〇はちみつ
ローヤルゼリーは女王蜂の食料ですが、ハチミツは働き蜂たちの食料にあたります。
ハチミツの原料が花の蜜というのは有名な話です。
働き蜂たちは花の蜜を集めて巣へと帰営。
巣の中で待ち構えていた別の働き蜂へと口移しで渡していきます。
蜂の体内へと進んだ花の蜜は、果糖とブドウ糖に分けられた後、巣内にあるハチミツを溜めておくための専用ルームへと運ばれていきます。
集められたハチミツは熟成されていくと共に、羽をはばたかせて風を当てることで、水分の少ない濃密なものへと仕上げられていきます。
こうして作られたハチミツは、花が少なくなる秋や冬に、働き蜂たちの糧となるのです。